アコーステックピアノの音色を美しく保つ調律とは?

アコースティックピアノか電子ピアノか

「子供にピアノを弾かせたい」、「ピアノを弾いてみたい」と思ったときには、ピアノの購入を検討するでしょう。ただし、その時悩んでしまうのが電子ピアノを買うか、アコースティックピアノを買うかという点です。

2つのピアノの比較

電子ピアノのメリット

家庭用ピアノとして広く普及しているのは電子ピアノです。アコースティックピアノに比べると安価で場所を取らず、音量も調節出来ることから練習用にピッタリと言えるでしょう。ただし、鍵盤のタッチ感覚がアコースティックピアノに比べて軽い等の注意点もあります。

アコースティックピアノのメリット

昔ながらのアコースティックピアノは、高価で場所も取りますがその分音の深みや鍵盤の重みも本物です。基本的にピアニストと呼ばれる方々はアコースティックピアノ、特にグランドピアノを演奏する場合が多いため、その道を極めるのであればこちらの購入が推奨されます。

アコーステックピアノの音色を美しく保つ調律とは?

楽器を弾く人

アコースティックピアノに必要なメンテナンスとは

ピアノは定期的に鍵盤を拭くなどのメンテナンスが必要となります。また、使い続けると鍵盤が緩んでしまったり、逆にゴミが詰まって重くなったりとタッチ感覚が悪くなるため、定期的に専門家に見せる必要があります。さらにアコースティックピアノに関しては、一定期間毎に調律が必要となるでしょう。

ピアノ

アコースティックピアノに調律は必須

電子ピアノは機械による発音となっているので、調律は不可能であり必要もありません。しかしアコースティックピアノの場合は、内部の弦を用いた発音方式なので定期的に調律が必要となります。調律は他の楽器で例えるなら、ギターのチューニングのようなものです。

ピアノ

調律をしないとどうなる?

弦楽器は弦の端と端を引っ張る強さで音程を調節し、それを叩く事によって音を発します。しかし経年や演奏を重ねることにより、段々と弦の張りが弱くなり、音程が変わってしまうのです。そのため、調律をしていないピアノは音程もバラバラで、音も力弱くなってしまいます。

おもちゃ

どうやって調律する?

ピアノの調律はギターのチューニングのように簡単な作業ではなく、国家資格があるほど技術が必要な作業とされています。下手に自分で調律に挑むと、かえって音程がさらにバラバラになってしまうこともあるのです。

ピアノをベストな状態に保つために

常に最高の音を奏でるピアノにするためには、1年に1回調律を依頼するようにしましょう。プロは、ピアノの置かれた環境まで分析し、音程が変化しにくいよう考え抜いた調律を行ってくれます。