ピアノやオルガンの調律をまとめて任せるなら

ピアノには調律が必要

アップライトピアノやグランドピアノには、定期的な調律が必要となります。調律を行うことで鍵盤のタッチも良くなりますし、音色も綺麗で整った状態を維持することが出来るでしょう。

実際の調律方法

  • ピアノ内部の清掃
  • 鍵盤のタッチ感覚や跳ね返り、ペダルの感覚など弾き心地の調整作業
  • ピアノ内部の弦の調節
  • ピアノの音量や音色の均一化

ピアノやオルガンの調律をまとめて任せるなら

鍵盤

オルガンの調律も依頼できる?

「ピアノといっしょにオルガンも調律してもらえないか」という方もいると思いますが、その点については事前に確認しておいたほうが良いです。ピアノとオルガンは一件似ている鍵盤楽器ですが、その仕組みは全く異なるからです。

鍵盤

オルガンとピアノの違い

ピアノが内部の弦を叩くことによって発音する「打弦楽器」であるのに対し、オルガンは管に空気を送り込むことで発音する「管楽器」です。そのため、形は似ていても調律法は全く違うと考えて良いでしょう。

グランドピアノ

ピアノ専門ではなく楽器専門なら

オルガンの調律を依頼する場合、ピアノの調律師に頼んでも断られる場合が多いです。この場合は、楽器のメンテナンスを全般的に取り扱う業者に依頼すると良いでしょう。ピアノだけでなく管楽器も取り扱う業者なら、オルガンの調律も依頼できる可能性は高いです。

ネットで依頼可能

インターネットでの依頼なら、ピアノとオルガンの調律をまとめて依頼することも可能でしょう。ピアノとオルガンはどちらもメンテナンスに高い専門性を要しますが、取り扱いのプロを抱える専門業者なら全てのメンテナンスを任せることが出来ます。